出張母乳ケアってどんな感じ??

ある日の朝、7ヶ月の子を持つママから、出張母乳ケアのご依頼が。


乳房にしこりがあり、痛みもあって、その部分が赤くなっていると。


その日、わたしは一日、他の仕事が入っていて、対応出来るのが夕方だけだったので、近くの病院を受診するように勧め、電話をきりました。



その後、16時頃に電話あり、病院に行ったけど、あまりしこりの改善がみられなかったとのことで、再依頼の連絡がありました。



行ってみたところ、痛そうな乳腺炎。

一晩待っていたら、きっと熱まで出そうなしこり。



実は、しばらく前から乳口炎があり、詰まりやすくなっていたとのこと。



おっぱいマッサージが始まり、その乳管からはポタポタでてきはしたものの、まだ、ほんのりしこりは残ってて。



あとは、赤ちゃんにお願いしちゃおう!ということで、授乳方法を伝え、次の日の予約を帰りました。




もしかしたら、赤ちゃんが上手く吸ってて、しこりなくなるようなら、次の日はキャンセルしても良いからね~と話していたら、



次の日の朝のメールがこちら。



授乳をしているとね、不意に乳腺が詰まったり、炎症したりすることで、乳房トラブルが発生することがあります。



白斑はそのトラブルの中でも特に多い、乳房トラブルのひとつ。



それを改善するのは、赤ちゃんが吸ってくれるのが一番!



だけど、その原因をつくっているのも、赤ちゃんの吸い方だったりするので、その修正も大切です。



今回の場合、しこりが完全にとれなかったので、気になりながらも施術を終えました。



あとは、ママと赤ちゃんの二人で協力しながら、トラブルを解消できるように信じるだけ♬

もしできなくても、わたしがフォローしていけば大丈夫!



そんな気持ちで、その家を後にしました。


そして、次の日のあのメール。

ホントにバンザイです!!(バンザイしました笑)



わたしは、母乳育児はママ一人でやるものではない。

赤ちゃんの協力も大切という思いで、母乳ケアにたずさわせてもらっています。

そして、何かあったときは、わたしは、ほんの少しお手伝いをしてるだけ。



ママと赤ちゃんに寄り添ったケアを心がけています。

母乳育児で悩んだら、一人で悩まずに、いつでも助産師をご活用くださいね。

22回の閲覧0件のコメント