家族以外の人と話そう




心がモヤモヤする…

気持ちが晴れず、なんとなく元気がない…。


眠れない…。


赤ちゃんは可愛いけど、子育てが楽しいと思えない…。



などなど、

最近、心理カウンセリングの依頼が増えてます。



産前産後ってね、

思っている以上に、プチストレスの積み重ねがあるものです。



したいことを我慢したり、

普段当たり前にできてたことができなくなったり。



特に初めての子育てだと、

出産で疲労した身体で、

待ったなしで、不慣れな赤ちゃんのお世話がスタートします。



赤ちゃんがスヤスヤ寝てても、

ちゃんと息してるかなぁって

気になったり、



泣いている理由が分からず、

不安な気持ちになったり。




寝不足、日々の緊張、慣れない育児。



身近なパートナーや親に話しをしても、なかなか想いは伝わらず。



どう言えば伝わるのかな?



寝不足で頭が働かなくて、ぼーっとしてるから、今のわたしの状況を言語化することがむずかしくて。



さらに孤立感を感じてしまう。



そんな時にぜひ、やって欲しいことがある。



それは、身近な家族以外の人と話すこと。



今まで、頭の中でぐるぐる悩んでたことが、新たな視点や考え方を聞くことで、違う道を進み始めることができるかもしれない。



思った以上に、すっきりとした気持ちになって、子育てが前向きな気持ちになったという感想もいただいています。


そして、心の余裕ができたことで、赤ちゃんが可愛いって思えたり、子育てって意外と楽しいかもって思えるようになるかたもたくさんいますよ。




沖縄県では、地域で活動する助産院は、なんと、50ヶ所以上もあります。


悩む前に、ぜひ、

近くの助産所に、お問合せくださいね。

閲覧数:85回0件のコメント

最新記事

すべて表示