要注意!年末年始の卒乳・断乳

いよいよ今年もあと1週間になりましたね~。

どうお過ごしですか?




明日はクリスマスということで、

週末は子ども達のプレゼント探しに

ショッピング♬



街はキラキラしてて、テンション上がりますね~♬



年末年始の卒乳について


さてさて、もうすぐ年末ということで、

卒乳の相談も増えています。




年末、家族が長期休みに入るからと、

卒乳に取り組む方もいると思いますが、

ちょっとまって~!!




卒乳には準備が大切です。




無鉄砲に授乳を急にやめちゃうと、

痛い目をみることも・・・

母乳を急にやめると

やめて2~3日後にガッチガッチに張ることがあります。




授乳スタイルによって程度は様々ですが、

強い痛みを感じる方も多く、

注意が必要です。





年末年始はご馳走も増える時期で、

いつも以上に張りが強く出る方も。

そして、日々忙しいため、

身体のメンテナンスも怠りがち。




いろんな要因が重なって、

乳腺炎に移行することもあります。



















それなのに、

年末年始は、閉まっている

病院や助産院もあり、

強い張りがあったとしても、

どうしていいのかわからない。





そんな方もいらっしゃいます。




2020年、

ハッピーに年を迎えるためにも、

卒乳はきちんと準備して行うことをオススメします。





卒乳の準備って??

まずは、



①卒乳の日取りを決めよう


*卒乳には家族の協力が必要なときも。


家族と話し合い、夜中泣いたときに抱っこできる人を見つけておくこと。



*助産師をみつけておくこと。


ガチガチに張ったとき、

絞るという作業が必要になってくるんだけど、

痛みが強すぎると、自分では難しいことも。



年末年始の時期は、

日にちによっては、連絡が取れない、

すぐに対応が難しいと断られることも。




助産師さんと話し合って卒乳スタート時期を決めることをオススメします。




②授乳回数を減らしていこう。



授乳回数が多いほど、卒乳・断乳したあとの張りは強く出ます。

(人によっては、少なくても強く張ることはあります。)



可能であれば、1日1~2回の授乳に減らしてから取り組みましょう。



③おっぱいをチェック


乳腺炎、白斑などのトラブルがある状態で始めると、痛みが強く出ることもあります。



卒乳・断乳するときは、トラブルがおさまったときに行うことをオススメします。



④赤ちゃんと話し合い


日程を決めたら、前もって、この日には辞めることを伝えていきましょう。



おっぱい大好きの赤ちゃん。


突然おっぱいあげないよと言われると不安定になることも。


言っても伝わらない、のではなく、ぜひ伝えて行くことで、自分のココロの準備にもつながります。




⑤覚悟を決めること


これ、めちゃくちゃ大切です!!



覚悟が弱いと、ギャン泣きする赤ちゃんと張って痛いおっぱいを目の前に、思わず、おっぱいあげちゃえ~と思いがちです。



その気持ちを察して、容赦なく泣いてくる赤ちゃん。


「ダメよ、終わり」


きちんと母の覚悟を伝えることは、子どもが覚悟を決めることに繋がります。

ぜひ、参考にしてみてくださいね~。




卒乳・断乳相談は無料で行っています。 いつでも、問いあわせくださいね。



Ena*さくら助産院

☎ 090-1347-0341

 月〜金     9:00~18:00

 

 土・日・祝休診

(乳腺炎の急な発熱等には出来るだけ対応します。

 気軽にご相談下さい。)

  • Facebookの社会的なアイコン
  • YouTubeの社会のアイコン
  • Instagramの社会のアイコン